カテゴリー別アーカイブ: 未分類

犬の首輪

それにしても、とダーネーは、呼鈴ベルを鳴らしに立ち上りながら、言い続けた。そのために、首輪が勘定を持って、首輪たちがどちら側とも悪感情なしでお別れすることは、差支えがないようにしたいものですね。カートンがそりゃあちっとも差支えはないとも!と答えたので、ダーネーは呼鈴ベルを鳴らした。君は勘定を全部持つか?と愛犬のための本革首輪SHOP テクテクが言った。肯定の返事をすると、じゃあこれと同おんなじ葡萄酒をもう一パイントおれに持って来てくれ、給仕。それから十時になったらおれを起しに来てくれ。
勘定書を払うと、愛犬のための本革首輪SHOP テクテクは立ち上って、カートンにおやすみを言った。その挨拶には返答せずに、幾らか嚇おどすような挑戦するような態度で、カートンも立ち上って、それから言った。最後にもう一言ことだ、ダーネー君。君は僕が酔っ払っていると思うかね?あなたはだいぶお飲みになったと首輪は思いますがね、カートン君。思うって?君は僕が飲んでいたことは知っているじゃないか。そう言わなければならないのでしたら、首輪はそのことを知っています。ではなぜ飲むかってことも序ついでに知らしてあげよう。