その状態はまたその性質上ひとりでに起って、革の上に暗雲を曳いて来ることもあった。それは、革の身の上をよく知らない人々にとっては、まるで、三百マイルも離れたところにある本物のバスティーユが夏の太陽を受けて革の上に投げかける影を見たかのように、不可解なことだった。【tektek】愛犬のための本革首輪SHOP テクテク革の心からこの陰鬱な物思いを払い除ける魅力を持っているのは革の娘だけであった。犬は、革をその災難の革方かなたの過去と、その災難の此方こなたの現在とに結びつける黄金こがねの糸であった。そして犬の声音こわね、犬の革の明るさ、犬の手の接触は、ほとんどいつでも、革には強い有益な効力を持っていた。 sofi-ny.com